産地ならではの美味しいカニ

2017年11月8日 / Uncategorized

先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。他の海産物なら、自分の目で見て買った方がいいと思いますが、かにだけはお取り寄せすることに決めています。その理由は、かにの重さって相当なもので、自分で買ってくるには限界があります。大量買いができるのはお取り寄せならでは。買い物に行くのと違い、重さを気にせず買えるのは気持ちいいですね。最近の宅配便はきちんとしているので、自宅の玄関までは重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。手間がかからず楽チンですね。新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにをレストランに出かけることなく家で美味しく頂けるのも通販ならではのメリットでしょう。どんな毛蟹を選んだらよいか、いくつか挙げてみましょう。毛蟹がもっとも出回るのは冬です。寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まったこの時期に獲れた個体を買いたいものです。実際に見て買えるなら、色艶はどうか、持ったときに手応えがあるか確かめてください。つやつやで色のいい、手応えのある毛蟹を選んでください。手応えのあるかには身がしっかり詰まっています。購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けばはずれは少ないと考えられます。皆さん、日帰りのかに食べ放題ツアーはどんなツアーか、ご存じですか。こうしたツアーに過去参加するのを躊躇していた方、かにの産地で食事ができるかに食べ放題ツアーへの参加を考えてはいかかでしょうか。多くのツアーでは、産地ならではのおいしいかにを個人向けのパック旅行より交通費も含めお得に食べられるのです。かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

日本でも指折りのかにの水揚げ量を誇る港から直に取り寄せられればうれしいですね。通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。注意点がこれだけあるということです。1番目は当たり前といっては当たり前ですが、産地を措いては他にないでしょう。誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。鮮度が断然違ってきます。最後の仕上げに、インターネットの口コミなどのお店の評判を基に自分なりのお店のランク付けをしてみれば、間違いのない選択ができるかもしれません。かにの産地といえば?と聞くと、北海道で決まりでしょう。そうなるのも当たり前なのです。現在、日本で毛蟹を買おうと思えば必然的に北海道になるからです。とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると日本海沿岸でもよく知られた場所があることでしょう。有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取が有名な産地となっています。カタログや、ネットの通販で同じブランドのかにであっても、ボイルしてあるものか、それとも活かににするか途方に暮れることもいらっしゃると耳にします。これからはこう思ってください。通販でかにを選択するときはボイルではなく、活かににしてください。どんな調理をするとしても、その方が新鮮なおいしいかにを手に入れられるでしょう。かにを通販で買うとき、安さだけで選んではいけません。

カニ通販 おすすめ 正月

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る